スコット先生の発音大学

スコット先生の発音大学

英語。何故10年も勉強してきたはずなのにマスターできないんでしょうか?Why?

 

歴史的に、学校で学ぶ英語は読解中心でした。それは、大学等高等教育の場で
英語の文献を読む為のものだったんです。

 

しかし、現実の世界では、必要とされるのは英会話が中心です。リスニング、スピーキング、
ライティング。今でこそ小学校からアシスタントティーチャーをつけて英会話中心の
勉強をするようになりましたが、今の30歳代以上の方々はその恩恵を受けていないのが
現状です。

 

だからといって英語が使えなくても済まされる世の中ではなくなりました。
旅行や映画・ドラマはもちろん、ビジネス上もグローバルトレーディングの時代ですから、
英語は必須です。日本の企業にも社内公用語を英語にする会社まででてきました。

 

もう、言い訳など通用しないのです。英語を使いこなさなければならない時代に
なったのです。

 

幸い、今は英語習得の教材が山のように売られています。
テレビコマーシャル等でおなじみのものから、こういうサイトでしか売っていない
「本当に英語が身に付く」教材まで。

 

英語は言語です。人間が使っているものです。ですから、正しい教材を
選べば、人間であるあなたも必ずや英語を習得できるのです。

 

さあ、ダイエットみたいに「明日から」なんて言ってないで、今すぐ行動に
移しましょう。さあLet's tryです!

 

 

 

 

スコット先生の発音大学

スコット先生の発音大学

 

スコット先生の発音大学
スコット先生の発音大学

スコットペリー先生の発音矯正法は、どんなにひどいカタカナ英語であっても、あなたの発音を極めて高いレベルに引き上げます。
それは、神業のようでもありますし、
奇跡のようにも見えます。
まずは、彼の発音矯正法の集大成である7つの秘訣が、
あなたの発音をどのくらいのレベルに引き上げるのか、
お話ししたいと思います。

 

スコット先生の発音大学
スコット先生の発音大学
経済のグローバル化に伴い、
多くの企業が極めて高い英語力を社員に求めるようになりました。
よって、多くのビジネスマンが悩んでいます。

 

「とにかく、ネイティブたちに何度も聞き返される」
「日本国内で英語を話す場合には、
何とか通じるが、海外でネイティブと話すときには、全く通じない」
こういった悩みを持つビジネスマンが、後を絶ちません。

 

スコットペリー先生は、
これまで以下の企業や教育機関に勤める人たちの発音矯正に力を尽くしてきました。

 

彼の指導を受けたビジネスマンたちは、
海外でのビジネスの場でネイティブたちと流暢に会話ができるようになりました。

 

それどころか、
極めて正確な発音を求められる外資系企業の会議に出席された方も数多くいます。

 

ビジネスの場で、
「外資系企業の会議に出席できるレベルの発音」を身につけることができれば、
ほとんどの方はそれ以上望むことはないのではないでしょうか。

 

スコットペリー先生の発音矯正法を学べば、
30日後あなたの英語の発音はそのレベルになってしまいます。

 

1日わずか15分のトレーニングで、
極めて高いレベルの発音がマスターできるのです。

 

 

スコット先生の発音大学
仕事で英語のセリフを話さなければならなくなった有名な日本人俳優や歌手も、
短期集中的に先生のもとに発音を習いに来ます。

 

また、本場アメリカで活躍する方々も先生の発音矯正法を頼りにしています。

 

俳優としてスクリーンの中で話す英語は、役柄にもよりますが、
通常カタカナ英語なんて絶対に許されません。

 

プロデューサーは、常に役者たちにパーフェクトな発音を求めます。
ですから、プロデューサーの厳しい要求に応えるために、
スコットペリー先生の発音矯正を受けにくるわけです。

 

 

スコット先生の発音大学
「外資系企業で外国人と流暢に会話できるレベル」
「ハリウッドで役がもらえるレベル」に比べれば、
「電話で会話ができるレベル」というのは、少々地味に聞こえるかもしれません。

 

しかし、電話でネイティブと会話できるということは、
かなり正しい発音を身につけていなければ不可能です。

 

あなたも経験があればご理解いただけると思いますが、
電話は通常の会話に比べてなかなか通じません。

 

普通の会話は、雰囲気や身ぶり手ぶりなどが可能ですが、
電話ではそうはいきません。

 

まさに、発音だけが命です。
だから、極めて高いレベルの発音がなければ、なかなか通じないのです。

 

例えば、スコットペリー先生の元に、こんな方が来られたことがあります。
ご主人の海外赴任により、アメリカに引っ越すことになったBさんという方がいました。

 

Bさんは、日本で英会話スクールに何年も通い、
TOEIC(R)テストでも高得点を持っていて、
英語には相当な自信を持っていました。
事実、日本にいた時は外国人とも堂々と会話をしていました。

 

アメリカに行ったBさんは、当地の企業の試験に受かり就職しました。
しかし、Bさんが会社で電話に出ると、電話越しのアメリカ人は、
Bさんが話す英語がなかなか理解できません。
Bさんは、結局、会社をクビになってしまいました。

 

今まで自分の英語力に自信を持っていた彼女でしたが、
一気に自信を失ってしまいました。

 

そんな失意の彼女が助けを求めたのが、
スコットペリー先生です。

 

彼女は先生のもとで正しい発音を学びました。
そして、自信を取り戻し、電話でもスラスラ話ができる発音を身につけました。

 

海外にいる外国人は日本人の話す英語に慣れていない場合がほとんどですので、
日本語訛りの強い英語やカタカナ発音で話しても、なかなか通じません。
特に電話で自分の真意を伝えることは、本当に困難です。

 

スコットペリー先生の発音矯正法で正しい発音を身につけることができれば、
電話でネイティブとも会話をすることができるようになります。

 

発音だけが命の電話での会話が、
1日15分の練習で30日後にはできるようになるのです。

 

 

 

スコット先生の発音大学

現在、社会のグローバル化に伴い、
多くの人が英語を話さなくてはならない状況になっています。

 

しかし、日本人の英語は、
特有のカタカナ英語や訛りによってなかなかうまく通じません。
よって、多くの日本人が自らの発音に悩んでいます。

 

スコットペリー先生の発音矯正法は、
日本人特有のカタカナ英語や訛りを改善させ、
ネイティブとも流暢な会話ができるようにするものです。

 

事実、今まで2,500人以上の方々が、
先生の方法で「ネイティブが自然と聞き入れることができる発音」を身につけました。

 

本サイトで、
そんな実績のあるスコットペリー式発音矯正法を余すことなくお伝えしたいと思います。

 

 

スコット先生の発音大学
スコット先生の発音大学

 

スコット先生の発音大学
スコット先生の発音大学

 

スコット先生の発音大学
スコット先生の発音大学

 

スコット先生の発音大学
スコット先生の発音大学

 

スコット先生の発音大学
スコット先生の発音大学

 

スコット先生の発音大学
スコット先生の発音大学

 

スコット先生の発音大学
ネイティブスピーカーが日本で英語を日本人に話す時は、
1分間に約90語の速度で話します。
この速度なら英語は理解しやすいし、日本人にも耳慣れた速度だからです。

 

しかしアメリカ人同士の英語は通常1分間で190語、
つまり2倍強の速さで話しています。

 

この速度で話すためには、言葉と言葉をブレンドしなければ不可能です。
さらに、速度をあげて話すには言葉をブレンドするだけでなく、
話し方にもコツがあります。

 

口を大きく空けすぎてはいけません。
話す時に口を1センチ以上開けていたら、ナチュラルスピードには間に合いません。

 

実際、口を1センチ以上開ける必要があるのは、ほんのいくつかの音の時だけです。たとえば、”O”と”Y”がそれです。

 

 

 

スコット先生の発音大学

スコット先生の発音大学の評判が悪い理由とは?

 

スコット先生ことスコットペリーのDVD教材「発音大学」の評判が良くありません。

 

同じくスコットペリー作の「リスニングパワー」はそこそこ人気があるだけに、
少し不思議ではあります。

 

私なりに、その理由を考えてみました。

 

まずは問題の!?口コミを見ていきましょう↓

 

スコット先生の発音大学の口コミ一覧

 

悪い評価

koiさん

 

他の方と同様に、リスニングパワーとともに購入してしまいました。
薄っぺらい印刷物、テキストとは言えません・・・とDVDが入っていました。
どのように勉強を進めていいか全く分からず、ほとんど使用できませんでした。
英語学習に重要なのは、モチベーション。
それを全く上げてくれることのない教材でした、残念。

 

Tronさん

 

リスニングパワーを購入後、勧められるままに本教材を購入いたしました。
教材としての作り込みが甘く、残念ながら、ストレスなく使用できる水準にないと感じます。
ただし、当方の不得手としている問題の解消には役立ちましたので、悪いとまでは言えないです。

 

eikomi

 

 

良い評価

 

YasTakahashiさん

 

アメリカに7年住んでいます。
今まで4人のアメリカ人の発音の先生に習いましたが、はじめて自分自身で
英語が上達していると自覚することができました。
今までは発音記号を使った授業が多かったのですが練習の成果もでず、
いつも頭の中で考えて英語を話していたのですが、
スコット先生の授業を受け始めて何も考えずに自然に話せるようになりました。
5年の付き合いになるアメリカ人の親友に、
スコット先生の発音大学を始めて2週間ではじめて、英語がうまくなったねと言われました。
呼吸法、音のつながり、基本的な口の形正確な舌の位置、口の中の舌の動きがとても勉強になりました。
英語を話す時、以前より自分が発する言葉を感じ、よりスムーズに話せるようになりました。
もっと早くにスコット先生の発音大学を知っていればなあと思います。
スコット先生に出会えて本当に良かったと心から思います。

 

 

 

Marikoさん

 

スコット先生は日本人専門の言語講師と言うだけあり、
流石に教え方が上手く、驚く程、沢山の事を学びました。
私はアメリカにきて10年以上経つのですが、今まで聞こえてなかった音が、
スコット先生のお陰で聞こえる様になり、嬉しい気持ち半分、そして何故
10年前に始めてなかったのかなと言う悔しい気持ちが残りの半分です。
スコット先生は日本人の口の筋肉では出し難い発音など全部把握してるので、
私達にとってどんなに難しい音でも絶対に矯正してくれます。
この先確実に上達し続ける自信はあります。
そして近い将来必ずアクチュアリーの仕事を見付けるつもりです。
スコット先生本当に有り難うこざいました。
発音大学の悪い口コミを分析する

 

悪い評価で多かったのが、
教材の構成がわかりづらく、どう学習を進めていいか戸惑う
内容が難しい
の2点です。

 

 

教材の構成がわかりづらい点について

 

最も多かったのが
「教材の構成がわかりづらく、どう学習を進めていいか戸惑う」という点です。

 

 

これには全くの同感です。

 

 

まずテキストとDVDの構成がバラバラ。

 

DVD1枚目に対応しているのが、テキスト後半部分で、
DVD2枚目に対応しているのが、テキスト前半部分という有り様。

 

もちろん「学習の進め方」みたいな説明書きは一切ありません。

 

これでは、どうやって勉強すればいいか?戸惑って当然ではないでしょうか。

 

私からも改善を求めます。

 

 

内容が難しい点について

 

これは仕方がありません。

 

そもそも発音大学はリスニングパワーと違って、
英語初心者を対象にした教材ではないからです。

 

英語中級者〜上級者がさらに発音力を磨くための教材です。

 

 

口コミでもわかるように、
良い評価を下した人は、海外経験が長い人が多いです。

 

つまり、ある程度英語力があるんです。

 

だから、発音大学を受講して、結果を出すのが早いわけです。

 

 

反対にいえば、英語初級者が発音大学に手を出すと、
難しすぎて、ついていけないでしょう。

 

 

 

販売ページで「初心者でもOKです」みたいなことが書かれているのが、
そもそもの原因です。

 

販売する時に「この教材の対象レベルは中級者以上ですよ〜」と明言していれば、
ここまで悪い口コミが出てこなかったのに・・と思います。

 

 

個人的には、発音大学は、徹底的に発音を矯正してくれる数少ない教材なので、
かなり気に入っています。

 

対象レベルの人が、適切な使い方をすれば、間違いなく優良教材だと思います。

 

 

 

発音大学を手にするべき人・手にすべきでない人

 

発音大学を手にするべき人

  • 英語の発音が悪いのがコンプレックスな人
  • 相手の言うことは聞き取れるが、自分の言いたいことが伝わらない人
  • ネイティブのような発音になりたい人
  • TOEIC700点以上の人

 

発音大学を手にすべきでない人

  • 話す以前に、そもそも英語が聞き取れない人
  • 発音記号を理解していない人
  • TOEIC700点未満の人

教材@ 「発音大学」
概要
日本人の発音矯正はスコット先生が最も得意とするところで、これまで企業研修や日本人ハリウッド俳優など様々な人たちを指導してきました。そんなスコット先生の日本人に特化した「7つの秘訣」中心に発音矯正の練習をするのがこの教材です

 

こんな人におすすめ
ネイティブに自分の英語を聞き取ってもらえない人
英会話は取りあえず出来るが、もっとネイティブみたいな発音で流暢に英語を話したい人

 

下記は7つの秘訣のまとめです。

  • 4つの口の形を覚えれば、正しい発音ができる。
  • ネイティブが英語を話す時の呼吸の仕方を身につける。
  • 単語をストレッチさせて英語を話す。
  • 音をブレンドさせる。
  • 英語の周波数を出せるように、唇を上げて話す。
  • ネーザルサウンドを使う。
  • 英語をナチュラルスピードで話す。

SP Academyが発音大学として充実したコンテンツを備えて生まれ変わりました!

 

自宅にいながら、通勤時間に、ネイティブ英語発音になるチャンスです!
ハリウッドの俳優や歌手にも発音を指導し、絶大な信頼を得ているスコット先生の発音矯正メソッドを、ビデオで、そしてライブ公開レッスンで学ぶ事ができます。
ビデオコンテンツは毎週更新。スコット先生の25年の実績と信頼が詰まった発音ショートトレーニングビデオを、オンラインで無理なくお好きな時間にお好きな場所で学ぶことが可能です。
※このプログラムは全5ヶ月のプログラムです。

 

そしてスコット先生の発音ビデオ以外にも、皆様の発音力・英語力向上をサポートするコンテンツが充実。英語の語彙、イディオム、ネイティブらしい表現を学んだり、アメリカの文化や政治経済を学べる素材でリスニングを強化。さらにアメリカ流ビジネスコミュニケーション術の習得や、TOEIC試験対策まで可能です。オンラインでお好きな時間にお好きな場所で発音&英語学習ができる、発音大学のオンライントレーニングプログラム。コミュニティでアメリカ人の先生方との交流も深めながら、是非一緒に楽しく学習しませんか。

「スコットペリーの発音大学DVD」は、「1日1分英字新聞」の著書
でも知られる石田健さんも推薦の英語発音の教材になります。

 

アメリカ発音矯正の世界的権威スコットペリー氏が開発した日本人に
特化したノウハウです。

 

1日15分のトレーニングで30日後には外国人と外資系企業で流暢に
会話できるレベルの発音を目指しています。

 

スコットペリー氏は、25年前にある日本人との出会いにより、
「日本人の発音矯正」に興味を持ったとのことです。

 

英語には日本語にはない発音がたくさんあり、カタカナ英語になって
しまう日本人は他の言語を話す人たちに比べ、英語を話すことに向いて
いないことにスコットペリー氏は気付いたとのことです。

 

以来、その難しさゆえに大変なやりがいを覚えて、25年間もの間、
日本人の発音矯正について研究し続けたのことです。

 

「スコットペリーの発音大学DVD」のメソッドは、スコットペリー氏の
英語発音矯正法の集大成でもあり、次の「7つの秘訣」に集約されると
言えます。

 

「発音矯正法」の7つの秘訣
このプログラムの最大の特長は、「日本人に特化した」「日本人のため」
のノウハウということです。

 

単に発音に関する知識を網羅的にまとめた「音声学」のテキストのようで
はなく、日本人が最短でネイティブに近い英語発音を身につけられるよう
な即効性の高いメソッドが次の「7つの秘訣」にまとめられています。

 

4つの口の形を覚えれば、正しい発音ができる。

 

ネイティブが英語を話す時の呼吸の仕方を身につける。

 

単語をストレッチさせて英語を話す。

 

音をブレンドさせる

 

英語の周波数を出せるようになる方法。

 

ネーザルサウンドを使う。

 

英語をナチュラルスピードで話す。

 

以上が、スコッドペリー氏が開発した「7つの秘訣」になります。

 

この解説を読むだけでも発音の重要性なポイントを知ることができます
ので、一読をお勧めします。

 

では、次に「スコットペリーの発音大学DVD」で必要な学習時間は
どれくらいでしょうか?

 

「スコットペリーの発音大学DVD」で必要な学習時間
「英語の発音にあって、日本語の発音に無い音」など多くの日本人が苦手
にする分野に絞った内容ですので、従来の網羅的な学習法と異なって
学習時間を大幅に短縮することが可能になっています。

 

1日15分×30日

 

現実的に忙しいビジネスパーソンが継続して学習が可能なように短時間で
即効性が高い教材となっています。

 

この教材で発音を学習した後に、海外ニュースやドラマそして洋楽を聞く
と今までとは聞こえ方全く違うという声が多いのです。

 

どのような学習者が対象か?
どのような学習者が対象かと言えば、かなり幅広いと思います。

 

中学レベルの英語を身につけられた方なら十分使えるはずです。

 

もちろん、ABCから始める学習者が真っ先に発音を学習するのは悪くは
ないと思いますが、テキストに書かれていることが理解できない可能性
がありますので、必ずしもお勧めはできません。

 

中3程度?TOEIC900点代の方まで幅広く役立つはずです。

 

よく、英語の発音は、英会話が上達してから勉強すればいいと思われがち
ですが、それだけ日本人独特の悪い英語発音が染み付いてしまいますので、
その後、直すのが大変になりますので早い段階で矯正するのが正解です。

 

「スコットペリーの発音大学DVD」 のまとめ
「スコットペリーの発音大学DVD」は、発音に弱い日本人が挫折すること
なく短期間で一定の成果を感じたい方に最適です。

 

私自身もっと早い段階でこの教材に出会っていればと思いました。

 

ネイティブらしい素敵な発音を身につけたい全ての方に役立つはずです。