英語 教材

「英語を話す国に行く」とか「外国人と交流する」とか「英語のドラマや、英語圏のミュ
ージックやニュース番組を英語で視聴する」というように、色々なやり方が一般的ですが
、とにかく基となる単語を2000個を目安として覚えこむことです。
会話練習は、初期のレベルではふだんの会話でたくさん用いられる、基準となる口語文を
系統立てて呪文のように繰り返して、記憶ではなく勝手に口を突いて出てくるようにする
のが最も効果的である。
「周囲の視線が気になるし、外国人と話すだけで硬直してしまう」という、日本人のみが
はまっている、これらの2つの「メンタルブロック」を壊すだけで、英語自体はあっけな
くできるようになる。
幾度となく口に出すという実践的な訓練を繰り返します。そういう時には、語調や拍子に
気を付けて聴くようにして、正確に真似するように心がけるのがコツなのです。
人気の高いヒアリングマラソンというものは、リスニングのみでなく、聞いたままに話す
シャドウイング、聞き取ったものを書き出すディクテーションなどの学習の際にも流用可
能なので、多様に組み合わせながら勉強する事をおすすめします。

 

英会話レベルが中・上級の方には、何はともあれ多く、英語音声と英語字幕を使って視聴
することをご提案します。英語の音声と字幕を併用することで、どのようなことを表して
いるのか、全面的に理解することがとても大切です。
数字を英語で上手に話すためのコツとしては、英語には「万」という単位がない為、「千
」単位で換算して、「000」の前にある数をはっきりと言えるようにすることです。
英語に馴染みができてきたら、文法などを考えながら文法的に変換しようとしないで、イ
メージ変換するように、トライしてみてください。それに慣れれば、読むのも話すのも、
理解するのがとても短くなります。
英会話タイムトライアルの練習は、相当有益なものです。表現のしかたは非常に初歩的で
すが、現実的に英語を使って話すことをイメージしながら、一瞬で会話ができるように訓
練を積み重ねるのです。
ロールプレイングや対話など、集団だからできる英会話練習の利点を活かして、担当の先
生との対話だけでなく、級友との日常会話からも、実際の英語を学ぶことができます。

 

通常、幼児が単語というものを習得するように、英語を体得すべきと言われるのですが、
幼児が正しく言葉を使用することができるようになるのは、実のところ長い間ヒアリング
してきたからなのです。
一般的にTOEICで、高レベルの得点を取ろうとして英語授業を受けている人と、自由
自在に英語を話したくて、英語を勉強している人では、総じて英語の能力そのものにはっ
きりとした差が生まれるものである。
オーバーラッピングという手法をやることにより、ヒアリング力もより強化される要因は
二つ、「発音できる言葉はよく聞きとれる」ためと、「英語の処理時間が短くなる」ため
だそうです。
最もメジャーな英語能力テストであるTOEICのチャレンジを待ち望んでいるとしたら
、Android等の携帯情報サービスのアプリケーションの『TOEICリスニングL
ITE』というトレーニングツールが、リスニング能力の躍進に使えます。
英語での会話は、海外旅行を心配することなく、それに重ねて快適に行うための一つのア
イテムであるため、海外旅行で頻繁に使用する英会話自体は、そう大量にはありません。