英語 教材

私の経験では、英語を読む訓練を沢山やることによって言い回しをストックしたので、他
の聞き取り、筆記、発語といった技能は、独自に普通のテキストを2、3冊やるのみで心
配なかった。
度々、幼児が単語を学ぶように、英語を学習するという声が聞かれますが、幼児が確実に
言葉を使用することができるようになるのは、実際のところふんだんにヒアリングしてき
たからなのです。
いったいなぜあなたは、英語でいうところの「Get up」や「Sit down」と
言う時に、カタカナで「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」などと発音するのか分か
らない。このようなときは「ゲラッ(プ)」「セダン」と発するべきだと思う。
一般的に英語には、多様な能率のよい勉強法がありますが、繰り返し言うリピーティング
、相手の読んだ内容を終わる前に話す、シャドウイング、聞きながらイメージして文章を
書き移すディクテーションと、有名な海外ドラマや映画を取りこんだ実践的学習など、際
限なく多くのバリエーションがあります。
オーバーラッピングというものを取り入れることによって、聞き分ける力も向上する要因
はふたつ、「自分で発音できる音は聞き取って区別できる」ためと、「英語の処理速度が
上昇する」ためだそうです。

 

CMでもお馴染みの『スピードラーニング』の最も際立っている点は、ただ聞き捨ててい
るだけで、英語が、できるようになるというポイントにあり、英会話を自分のものにする
には「固有的な英語の音」を聞き分け可能になることが聞き分けられるように成長するこ
とがポイントなのです。
平たく言えば、言いまわしそのものが着実に耳で捉えられる段階になれば、言いまわしそ
のものを一個の塊でアタマに蓄えられるような時がくる。
授業の重要な点を明瞭にした現実的なレッスンで、異なる文化特有のライフスタイルや礼
節も同時進行で会得することが出来て、対話能力をアップさせることができます。
「好奇の目が気になるし、外国人と会うだけで不安になる」という、日本人のみが有する
、この2つのような「メンタルブロック」を開放するだけで、もし英語ならばやすやすと
できるのである。
楽しんで学ぶことを標語として、英会話のトータル力を鍛える講習内容があります。そこ
ではテーマに準じたダイアログを使って会話力を、トピックや歌等の潤沢な教材を活用し
て聞く能力を付けていきます。

 

ビジネスの場面での初回の際の挨拶は、ファーストインプレッションに直結する大切なも
のですので、ミスなく英語で挨拶する際のポイントを最初に押さえることが必要です。
世間でよく言われるように英会話の多岐にわたるチカラを伸ばすには、聞き取りやトーキ
ングの両方を訓練して、より有益な英会話能力を自分のものにすることが必要になります

多くの場合、英会話を習い覚えるためには、アメリカ圏、英国、イギリス系の多いオース
トラリアなどの生まれた時から英語を話している人や、英語自体を、頻繁にスピーキング
している人と会話を多くすることです。
女性に人気のある英会話カフェには、体の許す限りたくさん通いましょう。利用には、3
000円/1時間あたりが相場と思われ、別途月々の会費や登録料がマストなこともある

ニコニコ動画という動画サイトでは、勉強するための英会話の動画以外にも、日本語や生
活の中でよく活用する一言などを、英語にするとどうなるのかを一つにまとめた映像を見
られるようになっている。