英語 教材

月謝制のジョーンズ英会話と呼ばれる英語教室は、ほぼ全国に拡大しつつある英会話スク
ールで、かなり好評の英会話学校なのです。
世間一般では、英語学習においては、辞典そのものを有効に役立てるということは、すご
く大切ですが、実際の勉強の際に、最初の頃には辞書を用いすぎない方が後々にプラスに
なります。
とりあえず直訳はしないで、欧米人がよくやる表現をマネする。日本人の思考回路で何と
なしに英文を作らない。常套句であれば、なおさら日本語の語句を変換しただけでは、英
語とは程遠いものになります。
一般的に英語の勉強をするのだとすれば、@最初にリスニング時間を確保すること、A意
識そのものを英語だけで考えられるようにする、B暗記したことをしっかりと継続するこ
とが肝要になってきます。
英語だけを使う授業は、日本語を英語にしたり、英語の単語を日本語に置き換えたりとい
う翻訳処理を、全て取り払うことで、英語だけで考えて英語を読みとる回線を頭の中に作
り上げるのです。

 

「人が見たらどう思うかが気になるし、外国語を話すっていうだけで重圧を感じる」とい
う、日本人ばかりが有する、これらの2つの「メンタルブロック」を開放するだけで、い
わゆる英語は造作なく使えるようになる。
日英の言葉が予想以上に相違しているなら、今の状態ではその他の国々で妥当な英語学習
法もそれなりにアレンジしないと、日本人が学習するにあたっては効果が上がりにくいよ
うだ。
ふつうアメリカ英語を話す人と話すということはよくあっても、英語を話せるフィリピン
、インド、メキシコ等の人達など、本当に訛った英語を聞き分けることも、なくてはなら
ない英会話能力の大切な条件なのです。
ふつう、TOEICで、高水準の得点を上げることを目的として英語トレーニングをして
いる人と、英会話を自在に操れるようになるために、英語指導を受けている人では、一般
的に英語力にはっきりとした差が生じる。
アメリカの大手企業のいわゆるコールセンターの大部分は、実を言えばフィリピンに設置
されているのですが、当の電話をかけているアメリカのお客さんは、先方がフィリピンに
存在しているとは認識していません。

 

有名な『スピードラーニング』の特に突出しているのは、音楽のようにただ聞き流すだけ
で英会話が自ずと、覚えられるという部分であり、英会話ができるようになるには「英語
独自の音」を聞こえるようにすることが大切なものです。ポイントなのです。
プレッシャーに慣れるためには、「長い時間、英語で会話する席を1度だけもつ」ことよ
りも、「短いけれども、英語で話す環境をたっぷり作る」方が、絶対に有効なのです。
オーバーラッピングという発音練習方式を実行することによって、聞き取れる能力がより
強化される要因はふたつ、「発語可能な音は聞いて判別できる」ためと、「英語の処理能
率がよくなる」ためとのことです。
言わばスピーキングというものは、最初のレベルでは日常的な会話で出現頻度の高い、標
準となる口語文を規則的に繰り返し練習し、そのまま頭に入れるのではなくすらすらと口
ずさめるようにするのが一番効果的なのである。
もっと多くの慣用表現を暗記することは、英語力を鍛錬する最良の勉強方法であり、英語
を母国語とする人間は、現にしょっちゅう決まった言い回しをするものです。