英語 教材

英和事典や和英辞書等の様々な辞書を適宜利用することは、ものすごく有意義なことです
が、英会話の勉強をする初級レベルでは、辞典だけにしがみつかないようにした方がいい
のではないでしょうか。
英単語の知識などの技能をアップさせるだけでは、英語の会話はそうそうできない。むし
ろ、英語的な「心の知能指数」をアップさせることが、自由に英会話できるようになるた
めに、特に必携の能力であるという発想の英会話レッスンがあるのです。
TOEIC等のテストで、高い点数を取る事を動機として英語学習している人と、自由自
在に英語を話したくて、英語の学習をしている人では、普通は英語を用いる力に明確な差
が生じる。
いわゆる英語には、多くの勉強方式があり、反復して繰り返すリピーティング、相手の読
んだ内容を終わる前に話す、シャドウイング、聞きながらイメージして文章を書き移すデ
ィクテーションと、最近評判の海外ドラマや映画をそのまま使った学習方式など、その数
は無数です。
英会話においての総体的な力を磨くために、NHKの英語番組では、お題に合わせた対話
をして会話能力、それから英語によるニュースや、歌等の多岐にわたるネタを用いること
によって聞いて判別できる力が手に入るのです。

 

「自分の子供が大躍進するか、しないか」については、その子の親の努めが大きいもので
すから、なくてはならない子供達にとって、最適な英語の薫陶を与えるべきです。
楽しい学習を標語として、英会話の実力を磨き上げる授業があります。そこではあるテー
マに沿ったダイアログを使って会話力を、トピックや歌といったバラエティ豊かなテキス
トを使うことで聞く能力を付けていきます。
最初に直訳はしないで、欧米人のフレーズそのものを真似してしまう。日本人的な発想で
変な文章を作り出さない。普通に使うことの多い表現であれば、それだけ日本の言葉をそ
のまま置き換えしただけでは、自然な英語にならない。
私の経験ではいわゆる英単語学習ソフトを手に入れて、総じて2年間位の学習をしただけ
で、アメリカの大学院入試程度の基本語彙を会得することが実現できたのです。
いわゆるスピーキングは、初級レベルでは普通の会話でちょこちょこ使われる、基準とな
る口語文を組織的に繰り返し訓練して、アタマではなく自然と口に出てくるようにするの
が極めて効果が高い。

 

リーディング学習と単語の記憶、双方の学習を一緒にやるような非効率なことはしないで
、単語と決めたら単語オンリーを集中して暗記してしまうべきだ。
普通、海外旅行が、英会話レッスンの最善の舞台であり、何であれ会話というものはテキ
ストで記憶するのみならず、実践的に旅行時に試すことにより、やっと会得できるものと
言えます。
一般に英会話を体得するには、在日教師も多いアメリカ、正統派英語のイギリス、オース
トラリア圏などの生まれつき英語を話している人や、特に英語を、一日中良く使う人と良
く話すことです。
スピードラーニングという学習方法は、レコーディングされている英語表現そのものが効
果的なもので、普段英語を話す人が、日常生活の中で使用するような感じの口語表現がメ
インになっているのです。
英語だけを使用するレッスンならば、日本語の単語を英語にしたり、英語を日本語にした
り、というような翻訳する部分を、完璧に排除することにより、英語で英語をそっくりそ
のまま自分のものとするルートを頭に構築するのです。